> English

奥野研は2014年4月より京都大学医学研究科に異動しました(現在、本HPは更新しておりません)



最先端・次世代研究開発支援プログラム「新薬創出を加速化するインシリコ創薬基盤の確立」について

我々のスパコン「京」によるインシリコ創薬プロジェクトがサイエンスチャンネルで放送中

サイエンスチャンネル、 YouTube 、 ニコニコ動画



 News

2014.3.7
日本オペレーションズ・リサーチ学会において、奥野教授が「スパコン京と医療ビッグデータによる創薬イノベーション」の講演をしました。
2014.2.28
学振第169委員会第44回研究会において、奥野教授が「スーパーコンピュータ「京」が拓くコンピュータ創薬の未来」の講演をしました。
2014.2.19
城西大学大学院薬学研究科 講義 「先端医療薬(科)学 特論」において、奥野教授が講演しました。
2014.1.23
奥野教授が読売新聞「創薬 スパコンを駆使」で紹介されました。
2014.1.20
奥野教授が化学工業日報「ビッグデータ活用プロ始動 医薬研究・製造を効率化 東大・船津教授ら」で紹介されました。
2014.1.18
第37回関東腎研究会において、奥野教授が「コンピュータ創薬の現状とスパコン「京」が拓く未来」の講演をしました。
2014.1.17
独立法人産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター HPCI戦略プログラム分野1「予測する生命科学・医療および創薬基盤」人材養成プログラム「平成25年度HPCIセミナー」講義において、 奥野教授が「スパコン「京」が拓く次世代インシリコ創薬」の講演をしました。
2013.12.20
週刊医学のあゆみvol.247にフォーラム「コンピュータ創薬の基盤となる計算化学分野の受賞」が掲載されました。
2013.12.4
Biological & Pharmaceutical Bulletin に奥野教授らの論文が掲載されました。
2013.10.31
生命医薬情報学連合大会 JSBi2013【オーガナイズドセッション】「京速スーパーコンピューティングと創薬」において、奥野教授が「製薬コンソーシアムで挑むスパコン創薬」の講演をしました。
2013.9.27
システム創薬科学寄附講座最終報告会において、奥野教授が「システム創薬科学の実現を目指して:コンピュータ創薬からのアプローチ」の講演を、瀬木准教授が「抗うつ治療薬理プロセスのシステム解明」の講演をしました。
2013.9.26
奥野教授が読売新聞「「京」で創薬 欧米と勝負」で紹介されました。
2013.9.22
シンポジウム「スパコンが拓く未来の産業と生活 −神戸ポートアイランドからの発信−」において、奥野教授が「バイオグリッドHPCI プロジェクト:「京」から生まれるIT創薬コンソーシアム」の講演をしました。
2013.9.20
「創剤フォーラム 第19回シンポジウム」において、奥野教授が「創薬インフォマティクスの現状と可能性」の講演をしました。
2013.9.19
シンポジウム「新生命科学分野開拓とスーパーコンピュータ「京」」において、奥野教授が「スパコン「京」が拓くコンピュータ創薬の未来」の講演をしました。
2013.9.12
「平成25年度第2回スーパーコンピューティング・セミナー」において、奥野教授が「バイオグリッドHPCIプロジェクトについて」の講演をしました。
2013.9.9
小野薬品工業株式会社学術講演会において、奥野教授が「システム創薬科学の実現を目指して:コンピュータ創薬からのアプローチ」の講演を、瀬木准教授が「抗うつ治療薬理プロセスのシステム解明」の講演をしました
2013.7.20
「スーパーコンピュータ「京」を知る集いin新潟」において、奥野教授が講演しました。
2013.7.9
メンバー一覧を更新しました。
2013.7.4
「IT創薬の希望の星:スパコン「京」で挑む世界最大の創薬データベース構築」
Wiredウェブサイトへ掲載されました。
2013.6.25
Pharmacology & Pharmacy に奥野教授らの論文が掲載されました。
2013.6.24
「京都大学「医学領域」産学連携推進機構/一般社団法人芝蘭会 平成25年度 第1回 産学情報交流会」 において、奥野教授が講演しました。
2013.5.27
「神戸大学大学院講義『先端医学トピックス』」において、奥野教授が講演しました。
2013.5.25
「バイオグリッド研究会2013〜スパコン『京』と次世代創薬インフラの構築に向けて〜」において、奥野教授が講演しました。
2013.5.21
Neuropharmacology に奥野教授らの論文が掲載されました。
2013.5.17
Int J Med Sci に奥野教授らの論文が掲載されました。
2013.5.13
「京コンピュータ・シンポジウム2013」において、奥野教授が講演しました。
2013.4.30
Int J Med Sci に奥野教授らの総説が掲載されました。
2013.4.19
「第337回CBI学会研究講演会「関西の強みを生かした産官学連携の事例:創薬支援ネットワーク」」において、奥野教授が講演しました。
2013.4.19
KUBIC-NII Joint Seminar on Bioinformatics 2013において、研究員JBさんが 「Drug discovery and the need for new post-ligation downstream network analysis algorithms incorporating contextualization」 を発表しました。
2013.4.1
奥野教授のインタビューが月刊薬事4月号「FDAの有害事象情報が日本語で検索可能に」で掲載されました。
2013.4.1
メンバー一覧を更新しました。
-->

>> 過去のニュースはこちら

Home top

Copyright© 2008-2009 Department of Systems Bioscience for Drug Discovery, Kyoto University